PMLライナー・パネル

ポリエチレンは無味、無臭、無毒なプラスチックで耐薬品性が非常に高く柔軟性に富み、防湿、耐水、耐寒性に優れた材料です。

■PMLライナー・パネル(高密度ポリエチレン)耐薬品性(社内試験)

試薬名
質量変化率%
硫酸(10w/w%)
±0.0
〃 (30w/w%)
±0.0
〃 (80w/w%)
±0.0
〃 (90w/w%)
±0.0
塩酸(10w/w%)
±0.0
〃 (35w/w%)
±0.0
硝酸(10w/w%)
±0.0
〃 (40w/w%)
±0.1
〃 (60w/w%)
±0.0
氷酢酸(90~100w/w%)
±0.5
酢酸(5w/w%)
±0.1
くえん酸(5w/w%)
±0.0
試薬名
質量変化率%
水酸化ナトリウム(10w/w%)
±0.1
〃 (40w/w%)
±0.0
炭酸ナトリウム(2w/w%)
±0.1
〃 (20w/w%)
±0.0
アンモニア水(10w/w%)
±0.1
〃 (28w/w%)
±0.1
塩化ナトリウム(10w/w%)
±0.1
ナチルアルコール(95v/v%)
±0.1
エチルアルコール(50v/v%)
±0.1
〃 (95v/v%)
±0.1
アトセン(95v/v%)
±0.7
酢酸エチル(5v/v%)
±1.9

耐薬品性

耐薬品性
ご使用の用途により厚みを変更できます。

PMLライナー・パネルの物性

(メーカー測定値)
試験項目
単位
物性値
試験方法
比重
150kN
0.93以上
JIS K 6760
引張り強さ
N/m㎡
16.0以上
JIS K 6760
破断時の伸び
%
650以上
JIS K 6760
脆化温度
-70以上
JIS K 6760
※本測定値は、管理された試験施設での実験データであり、保証値ではありません。
 また、温度条件、施工条件により数値の変動もあります、
 

耐摩耗性

PMLライナー・パネル(高密度ポリエチレン)は、優れた耐摩耗性を有します。

摩耗試験(テーバー式)

耐摩耗性
JIS K 7204 「摩耗輪によるプラスチックの摩耗試験方法」
 
摩耗試験条件
摩耗輪 : GC-150H
試験荷重 : 1000gf
試験回数 : 1000回
回転速度 : 60±2rpm
 
試験片
摩耗減量(mg)
PMライナー
PMパネル
硬質塩化ビニール板
4.0
23.0
104.0

耐震性

耐震性
突起によるアンカリング効果でコンクリートの動き(クラック・目地開き)にも追従します。

PML用注入材(PLモルタル)

PML用注入材とは

  • PML工法用モルタルは特殊膨張材を混合した無収縮のプレミックスモルタルです。
  • 水を規定量加えるだけで適切な練りあがり状態のモルタルが出来上がりますので施工管理が簡単です。
  • 非常に流動性が良く間隙に完全に充填されます。短時間で高強度が得られます。

PLモルタル標準配合

粉体(kg)
水(kg)
ブリーディング率(%)
圧縮強さ(N/mm2)
練上がり量(ℓ)
3日
7日
28日
25
4.25~4.75
0.0
40~50
50~60
60~70
13.3
※本測定値は、管理された試験施設での実験データであり、保証値ではありません。
 また、温度条件、施工条件により数値の変動もあります、