耐荷能力に関する審査証明

審査方法

斎藤産業株式会社079-285-1253更生後のマンホールは、JSWAS A-11「下水道鉄筋コンクリート製組立マンホール」の規格値以上の耐荷能力を有することを外圧
試験により審査する。
(1)軸方向耐圧強さが、150kN以上
(2)側方曲げ強さが、ひび割れ6.9kN/m(6.21kN/0.9m)、破壊10.4kN/m(9.36kN/0.9m)以上

審査方法

軸方向耐圧強さ

1号マンホールについて、20mm減肉したマンホールを更生したものに耐圧試験を行い、更生後のマンホール軸方向耐圧強さが、150kN以上であることを確認する。
試験概要図を図1、試験体を図2、3、写真1、試験状況を写真2に示す
写真1 試験体
写真1 試験体
写真2 試験状況
写真2 試験状況
図1 軸方向耐圧強さ試験概要図
図1 軸方向耐圧強さ試験概要図
図2 試験体(20mm減肉)
図2 試験体(20mm減肉)
図3 試験体(20mm減肉、更生)
図3 試験体(20mm減肉、更生)

側方曲げ強さ

1号マンホールについて、20mm減肉したマンホールを更生したものに耐圧試験を行い、
更生後のマンホールの側方向曲げ強さが、ひび割れ6.9kN/m(6.21kN/0.9m)、
破壊10.4kN/m(9.36kN/0.9m)以上であることを確認する。
試験概要図を図4、試験体を図5、6、写真3、試験状況を写真4に示す。
写真3 試験体体
写真3 試験体体
写真4 試験状況
写真4 試験状況
図4 側方向曲げ強さ試験概要図
図4 側方向曲げ強さ試験概要図
図5 試験体(20mm減肉)
図5 試験体(20mm減肉)
図6 試験体(20mm減肉、更生)
図6 試験体(20mm減肉、更生)

試験結果

更生後のマンホールは、JSWAS A-11「下水道鉄筋コンクリート製組立マンホール」の規格値以上の耐荷能力を有することを確認した。
(1)軸方向耐圧強さが、150kN以上
(2)側方曲げ強さが、ひび割れ6.9kN/m(6.21kN/0.9m)、破壊10.4kN/m(9.36kN/0.9m)以上
各試験状況における結果を表1~2に示す。

(1)軸方向耐圧強さ

表1 軸方向耐圧強さ試験結果
試験体
基準値
ひび割れ・破壊
備 考
1号マンホールを20mm減肉
150kN
異常なし
160kN ひび割れ
1号マンホールを20mm減肉後、更生
異常なし
230kN 異常なし

(1)軸方向耐圧強さ

表2 側方向曲げ強さ試験結果
ひび割れ試験
試験体
基準値
ひび割れ・破壊
備 考
1号マンホールを20mm減肉
6.90kN/m
異常なし
20kN ひび割れ
1号マンホールを20mm減肉後、更生
(6.21kN/0.9m)
異常なし
60kN 異常なし
破壊試験
試験体
基準値
ひび割れ・破壊
備 考
1号マンホールを20mm減肉
10.4kN/m
異常なし
71.5kN 破壊
1号マンホールを20mm減肉後、更生
(9.36kN/0.9m)
異常なし
158kN 破壊

審査

更生後のマンホールは、JSWAS A-11「下水道鉄筋コンクリート製組立マンホール」の規格値以上の耐荷能力を有すると認められる。
(1)軸方向耐圧強さが、150kN以上
(2)側方曲げ強さが、ひび割れ6.9kN/m(6.21kN/0.9m)、破壊10.4kN/m(9.36kN/0.9m)以上