施工工程

円形管

調査・洗浄

調査・洗浄
高圧洗浄により、施工区間の管きょ内面を洗浄します。

KBM設置

KBM設置
高張力補強財(KBM)を人孔口から搬入し、コンクリートアンカーにて管きょ内面に設置をおこないます。

PFLパネル設置

PFLパネル設置
切断・加工を行ったPFLパネルを専用型枠に貼付け、管きょ内へ搬入、設置をおこないます。

注入材注入

注入材注入
更生材端部に注入口及び排出口を設け、既設管とPFLパネルとの隙間に、高強度・高流動の特性を持つ専用注入材を注入します。

目地部溶接

目地部溶接
注入材養生後、専用型枠のみ撤去し、PFLパネルの目地部の溶接をおこないます。同材質の溶接棒を使用するため、高密度ポリエチレンのみ更生面を成形できます。

完 成

矩形きょ

調査・洗浄

調査・洗浄
高圧洗浄により、施工区間の管きょ内面を洗浄します。

KBM・ユーティリティー設置

KBM・ユーティリティー設置
角部に設置するユーティリティーおよび高張力補強財(KBM)を人孔口から搬入し、コンクリートアンカーにて管きょ内面に設置をおこないます。

PFLパネル設置

PFLパネル設置
任意の寸法に切断・加工を行ったPFLパネルを管きょ内へ搬入、設置をおこないます。

注入材注入

注入材注入
更生材端部に注入口及び排出口を設けます。また、施工面に専用治具を取りけ、既設管とPFLパネルとの隙間に、高強度・高流動の特性を持つせんよう注入材を注入します。

目地部溶接

目地部溶接
注入材養生後、専用型枠のみ撤去し、PFLパネルの目地部の溶接をおこないます。同材質の溶接棒を使用するため、高密度ポリエチレンのみの更生面を成形できます。

完 成